2015年12月8日火曜日

カルティエ デクラレーション ダンソワール インテンス EDT・SP 100ml

DECLARATION D’UN SOIR INTENSE EAU DE TOILETTE SPRAY 100ml


輝けるフレンチ・ジュエラーとして、そのプレステージを不動のものにしている「カルティエ」。ルイ=フランソワ・カルティエが1847年に立ち上げたもので、170年近い歴史の中で、世界各国のロイヤリティを中心に、圧倒的な支持を勝ち得てきました。「王の宝石商、すなわち宝石商の王」とイギリス王のエドワード七世に称賛されたエピソードは有名です。

こちらはそんなカルティエのフレグランス・ラインから、2014年に発売されたメンズ香水です。おおもとのオリジナルは、1998年に発売されたロングセラー・アイテム「デクラレーション」で、直接的には、2012年の「デクラレーション・ダン・ソワール」のアレンジ・ヴァージョンとなります。日本ではなかなか稀少品ですので、お求めはお早めに。香りは、クラシカルでかっちりとしたアロマティック・スパイシー・ウッディーの香調がベース。ダンディーでホットなアイテムにしあげられております。

ブラックペッパー、ホワイトペッパー、レッドペッパーなどが、ヴィヴィッドでハイ・エキゾチックなスパイシー・フレッシュを香り立たせるトップから、 ナツメグやローズなどが、アロマティックでファッショナブルなフローラル・スパイシーを湧き立たせるミドルへ。
ラストはサンダルウッドやムスクなどが、ぬくもりのあるスウィートを香らせて、ロマンチックなマスキュリン・センシュアリティーをアピールしてくれそうです。

オリジナルはさまざまなマテリアルをブレンドしたアロマティック系でしたが、今回のアレンジ版は、選び抜かれたマテリアルをブレンドした、タイムレスなたたずまい。ウッディー・スパイシー系の中ではオーソドックスなトーンですので、ユーティリティ性はとても高いと思います。スーツやジャケットなどのスタイルにも、カジュアルなウェアにもマッチするでしょう。大人の男性であれば、一本ストックしておくとなにかと便利なアイテムといえそうです。

ボトルやボックスも、オリジナルのデザインを踏襲した、クラッシーなたたずまい。ボトル・キャップは、カルティエのウォッチ・ラインの、腕時計のリューズに見立てたものです。